商品カテゴリー
新着入荷情報 配信中

商品カテゴリー
MUSIC
高音質アナログ/SACD/CD
MOBILE FIDELITY
商品カテゴリー
AUDIO

[アナログ] Jazz at the Pawnshop Vol.1

型番 PROP7778-79
販売価格 6,190円(税抜)
合計1万円以上のご注文で送料無料。
「カートに入れる」ボタンの表示がない商品は売り切れ中です。

ジャズ・アット・ザ・ポーンショップ

最高のジャズライブアルバムの1つでしょう!と、断言します。そして、ついにユキム・オンラインストアで取扱いを開始できる事になり、改めてジャケットを見て驚きました。なんと1976年12月6日のライブではないですか。信じられない。このリアリティ!内容のよさは後で書くとして、普段ユキムの試聴会やオーディオショウで当たり前のように「JAZZ」を何か聴かせて、というリクエストの時に再生してきたこのアルバムが、なんと35年も前のライブだったとは。

このLPにはグラスの音やお客さんの咳などが結構入っているライブ盤なのですが、その音が邪魔どころか、リアルな空間を作るのに素晴らしいスパイスとなっています。自分もライブ開場の中にいる雰囲気をどっぷり味あわせてくれます。今回は重量盤2枚組みでのお届けです。

そして肝心な演奏です。テクニックの素晴らしさなどを堪能するアルバムではありません。もう多少崩れたって外したって関係ないです。Arne Domnerusのクラリネットとアルトサックスの軽やかさ、Lars Erstrandのヴァイブの楽しさ、そしてRgil Johansenのドラムのナイスなつっこみ。もちろんBengt Hallbergのピアノ、Georg Riedelのベースもゴキゲンです。スウェーデンジャズ(といわれてもあまり具体的なイメージはわきませんが)の重鎮とい言われているArne Domnerusは本来サックスの人ですが、個人的にはクラを吹いているときの方が好きです。

もう全曲最高ですが、まずは(3)を聴いてください(ユキムのショウで再生するのは大体(3)です)。お客の拍手から、タンバリンのリズムが小音量でスタート。ピアノが加わり、つぎにサックスの軽やかなメロディが。タンバリンのリズムがドラムのスティックリズムに変わったあたりではもう楽しくて仕方がありません。その後メロディがバイブに引き継がれ、そこからは手拍子が。・・・中間部のドラムのソロや、掛け声、お客さんの歓声。この"High Life"1曲だけでもこのアルバムを買う価値があると思います。

CD、LPとオーディオ店で販売されてることもしばしばですが、このLP盤は2曲SACDより多く収録されています。


[SIDE 1]
1. Limehouse Blues
2. I'm Confessin'
3. High Life

[SIDE 2]
1.Struttin'With Some Barbeq
2. Jeep's Blues
3. Stuffy

[SIDE 3]
1. Lady Be Good
2.Here Is That Rainyday
3. Barbados

[SIDE 4]
1.How High The Moon
2. Take Five
3. Everything Happens To Me


Arne Domnerus Cl&A.Sax
Lars Erstrand Vibes
Rgil Johansen Drums
Bengt Hallberg Piano
Georg Riedel Bass